地域振興局からのお知らせ
上越地域版

妙高の高原とまと新名物は身近にあり!?

妙高の高原とまとの特徴

妙高市大洞原地区で栽培が盛んな「高原とまと」。
「桃太郎」という品種を中心に、露地栽培で大小さまざまなとまとを栽培しています。
標高2,454mの妙高山から吹き下ろす風は真夏でも冷たく、芳醇な水とその冷気が、妙高のとまとを甘く、美味しく育てます。

生産者:高橋農園
高橋雄介さん

「高原とまと」が旬を迎えるのは9月。
寒い環境下でじっくりと熟成されるため、みずみずしく、とまと本来の"うまみ"がぎゅっと詰まっているのが特徴です。
また、身が引き締まっていて、甘いものでも硬めの食感が味わえます。
品質には絶対の自信がありますので、ぜひご賞味ください。

「お山のとまと食堂」とは

「高原とまと」を使ったオリジナル料理を参加各店で食べられる、「お山のとまと食堂」。今年2回目を迎えるイベントの始まりを伺いました。

お山のとまと食堂事務局
村山美枝子さん

●きっかけは?

妙高を訪れたお客様に妙高の名物を尋ねられるが、これといったものを押し出せていませんでした。何か出来ないかと思ったのがきっかけです。

●なぜ、とまと?

「高原とまと」の旬は9月(平場は8月)。当たり前だと思っていたことがそうではないと気づき、名物になるのではないかと思いました。

●食堂という形をとったのはなぜ?

「高原とまと」を買いに来るお客様に食堂や旅館に立ち寄ってもらったり、その逆もあり。相乗効果を期待しています。最終的には妙高に宿泊して避暑地としての妙高を満喫してほしいですね。

●読者へのメッセージをお願いします

昨年に比べ参加店舗も大幅に増え、新メニューも開発して、パワーアップしています。 10月もまだまだ美味しいとまとが食べられます。ぜひ、「お山のとまと食堂」に足をお運びください!

「お山のとまと食堂」開催中

【開店期間】2018年10月31日(水)まで
【開店場所】妙高高原 妙高地域の宿泊施設、飲食店など34施設
定番のパスタやピザのほか、ラーメンやスイーツなどちょっと珍しいメニューも豊富!豪華賞品が当たるスタンプラリーもあります。

詳しくは「お山のとまと食堂」をご確認ください。

【問い合わせ】お山のとまと食堂事務局(妙高高原商工会内)
TEL:0255-86-2378

<<地域振興局 上越地域版トップへ

▲ページTOPへ