地域振興局からのお知らせ
南魚沼地域版

知られざる「雲海の郷」南魚沼で気軽に雲海体験してみませんか?

雲海マスター
若井 勝也(わかい かつや)さんより

私たちの住む南魚沼地域には雲海が多く出現しており、春や秋には3日に1回出現することもあります。
また、手軽に登れる低山や、車で行ける展望台など、気軽に雲海体験できるスポットが魚沼盆地を囲むように点在しています。
雲海の出現予報やスポット情報については、下記「南魚沼雲海ハント」のホームページに掲載していますので、皆さんも雲海体験に出かけてみませんか?

〜雲海に出会うまでの3Step〜

Step1:気象条件確認

●前日昼間と翌朝の気温差が大きい

●前日深夜から翌朝にかけて晴れ

●湿度が高い

※雲海は自然現象のため発生しない場合もあります。

Step2:夜明け前起床

雲海が出現する可能性が最も高いのは、夜明け前から日の出の時間帯です。防寒対策をして、日の出に間に合うように出発しましょう。

※街灯がない箇所が多いため、夜間の移動には十分注意しましょう。

Step3:発生状児確認

雲海は日によって出現する場所や高度が異なります。標高が低いスポットは雲に埋もれていることもあるので、状況を確認しながら臨機応変にスポットを選択しましょう。

オススメ雲海スポット

魚沼スカイライン 標高約700m

※冬期閉鎖

車で坂戸山より高い標高までアクセス可能、とにかく気軽に雲海を楽しみたいという方にオススメなスポットがこちら。
八箇峠見晴台から護国観音の間にある、雲海を見るのにオススメな3つのビューポイントに看板を設置しました。
中でも、浦佐方面に雲海が出現することが多いので、八箇峠見晴台近くのビューポイントはオススメです。

     

浦佐ヤゴ平林道 東屋 標高約350m

※冬期閉鎖

南魚沼地域で最も雲海が出現するスポットがこちら。
浦佐駅西口側にある林道入口から、六角形の屋根が目印の東屋へ。ここからは、雲海越しに八海山、越後駒ケ岳に昇る朝日を望むことができます。
ただし、雲海高度が高い時には埋もれてしまうスポットなので、その場合は下記ホームページを参考に素早くスポットを変更しましょう。

   

坂戸山 標高約634m

360度の大パノラマで雲海を見渡すことができるスポットがこちら。
春にはカタクリなどの花々、秋には紅葉も道中楽しむことができます。また、冬でも登山可能なので、雲海さえ出現していれば、いつでも見に行くことが可能です。
登山道は良く整備されていますが、片道約1時間の登山が必要なため、体力に自信のある方にオススメです。

※冬季登山は初心者には危険です。雪崩等に十分注意しましょう。

南魚沼の雲海情報はこちら

雲海出現予報やスポット情報など、南魚沼の雲海情報については、ホームページをご覧ください。

※当記事は上記ホームページを参考に作成しています。

【問い合わせ】
新潟県南魚沼地域振興局企画振興部地域振興課
TEL:025-772-2793

※雲海観察中は通行車両に注意し、交通の妨げにならないようルールを守りましょう。また、車を駐車する際は付近の駐車場等を利用し、他の走行車の迷惑にならないようにしましょう。

<<地域振興局 南魚沼地域版トップへ

▲ページTOPへ