地域振興局からのお知らせ
糸魚川地域版

「糸魚川の木」を紹介します。

糸魚川地域では、人工林を中心に7割以上が伐採可能な林齢となっており、木材として使用できる森林資源が充実しています。
 近年多様化する木材需要に応えるため、糸魚川の木の活用を推進しています。

充実した森林資源

 先人達が苦労して植栽したスギは、下草刈りや間伐などのこまめな手入れが行われてきました。
 約50年~80年の長い年月をかけて、ようやく木材として利用できる大きさに育ちます。

林齢70年の杉(田海地内)

住宅建築に利用

 スギ丸太は、製材工場で柱や梁などに加工され、住宅建築に利用されます。
 駅北大火の復興に、「糸魚川の木」が使われています。
 糸魚川地域では、地元の工務店を中心に、糸魚川産木材が住宅建築に多く利用されています。

糸魚川産の木材をふんだんに使用した復興市営住宅(糸魚川市本町)

素材(丸太)生産

 成長した木を伐って枝を落とし、適当な長さに切りそろえた丸太が「素材」として生産されています。

森林組合の木材市場

ぬながわ森林組合 恩田正宏さん

糸魚川地域では年間約1万m³もの素材(スギ丸太)が生産されています。木材市場等から市内だけでなく、市外や県外へ「糸魚川の木」が流通しています。

森林素材のフル活用

 糸魚川の木は住宅建築だけでなく、木質燃料(ペレット)の原料にも利用されます。
 ペレットは100%木材由来のクリーンな燃料で、ストーブなどに利用されます。ペレットは糸魚川市内の施設で製造されています。

ペレットストーブ

     

新潟県産材の家づくり支援事業

 地域の木材資源を活用することは、森林の健全育成や地域産業の活性化につながることから、新潟県では、糸魚川産を含む県内産の木材を使用した家づくりを支援しています。

対象

一定の条件を満たす県産木材を5m³用いて、県内で新築またはリフォームする住宅

補助制度

県産木材使用量が15m³未満は3万円、15m³以上は5万円

加算制度

一定の条件を満たす県産瓦、県産畳、しっくい・珪藻土塗りが対象です。全て適用されると合計で最大54万円/棟の補助となります。

詳しくは新潟県ホームページ

【問い合わせ】糸魚川地域振興局 農林振興部 林業振興課
TEL:025-552-5473

<<地域振興局 糸魚川地域版トップへ

▲ページTOPへ