知事メッセージ

新潟県の未来のため、行財政改革に取り組みます

新潟県知事 花角英世

  令和という新しい時代を迎え、国内・国際社会の動向や科学技術がこれまでにない速度で変化していく中、本県は多くの地方団体と同様、人口減少という過去に例のない、最大の課題に直面しています。そのような中でも、県としては、活力を維持・向上できる社会を創ることが急務であり、そのためには、前例にとらわれず、柔軟かつ新しい発想で県の施策を進めていく必要があります。
 一方、県の施策を支える県財政は、近年、全国と比べて税収が伸び悩む中、人口減少等に伴い地方交付税が減少するなど、収入が大幅に減少して支出を下回る状況が続いており、このままでは3年後に貯金が底をつくという危機的な状況にあります。
 このような状況を踏まえ、県では行財政改革の基本方針と具体的な対策をとりまとめた「行財政改革行動計画」を策定しました。この計画を着実に実行し、安定した財政基盤のもとで未来への投資を行っていくことで、これからも住み続けたいと思える新潟県、国内外の方々が魅力を感じ、訪ねてきていただける新潟県を創ってまいりたいと考えています。

▲ページTOPへ