地域振興局からのお知らせ
糸魚川地域版

歓迎会の季節!ほど酔い飲酒で「からだ」も「こころ」も健康に!

春は就職、転勤、引っ越しなど生活の変化や寒暖差も大きく、心身ともに変化を感じる時期でもあります。
また、歓迎会などのイベントが重なり、お酒と接する機会が何かと多くなる時期です。
この機会にお酒と上手に付き合う方法や知識を身につけ、ほど酔い飲み方をしてみませんか?

ストレスやつらい事をお酒に頼って解消してませんか?

お酒の良い面、悪い面

適量のお酒は「百薬の長」とも言われ、上手に飲めばリラックス効果や血流促進など心身にプラスの効果があります。しかし、飲みすぎてしまうと肝機能の障害やがんの誘発、精神・脳への障害等リスク要因となります

ほど酔いお酒の量を知っておこう!

ほど酔いお酒の量=1日あたり純アルコールで約20g程度

適正飲酒の10カ条

  1. 談笑し 楽しく飲むのが 基本です
  2. 食べながら 適量範囲で ゆっくりと
  3. 強い酒 薄めて飲むのが 基本です
  4. つくろうよ 週に2日は 休肝日
  5. やめようよ きりなく長い 飲み続け
  6. 許さない 他人への無理強い イッキ飲み
  7. アルコール 薬と一緒は 危険です
  8. 飲まないで 妊娠中と 授乳期は
  9. 飲酒後の 運動・入浴 要注意
  10. 肝臓など 定期検査を 忘れずに

アルコールやこころの相談をしたいときは・・・

糸魚川地域振興局健康福祉部(糸魚川保健所)
■地域保健課/TEL:025-553-1936(平日8時30分〜17時15分受付)
■新潟県こころの相談ダイヤル/TEL:0570-783-025(24時間、365日受付)
☞ご本人だけでなく、ご家族友人、職場など周囲の方からの相談もお受けします。プライバシーは守られます。

<<地域振興局 糸魚川地域版トップへ

▲ページTOPへ