地域振興局からのお知らせ
佐渡地域版

佐渡の海=グルメ天国・釣りパラダイス
~魚でもてなす・魚を楽しむ観光づくり~

北と南の魚が集まり、周囲を複雑な海岸線で囲まれている佐渡は、様々な海産物に恵まれています。住んでる人には当たり前に思えるかもしれませんが、訪れる人々にとって「魚」は大きな魅力のひとつです。おいしい魚でもてなしを受ければグルメも大満足。魚は豊富だから釣り糸を垂れれば初心者でも気軽に大物をゲット!!そんな豊かな佐渡の海の幸を活かして、もっと観光客を呼び込み、楽しんでもらいたい…
魚や観光に関わる事業者・団体の皆さんと、佐渡市や新潟県が協力して進めている、観光に魚を活用する取組を紹介します。

佐渡の魚で観光客に買っていただける商品づくりを進めたい!

「佐渡の魚でおもてなし検討会」に参加
水津漁業協同組合 職員 津村正明さんに伺いました。

津村正明さん(水津)

「佐渡の魚でおもてなし検討会」に参加した理由の一つは、佐渡には美味しい水産加工品があるのに売れないという状況があったからです。
検討会の講師の竹谷先生は佐渡のご出身であり、佐渡のことを良く理解して、ものづくりの考え方を説明されていると思いました。商品をつくるのは何とかなるけれども、販売をどのように進めていけばよいのかを悩んでいたので、検討会への参加によって新たな知識や人脈を広げられたことが良かったと感じています。
 新たな商品をつくるのは難しいですが、佐渡に来た観光客の方々に買っていただけるものづくりを進めていきたいと思っています。

佐渡の魚でおもてなし検討会

■「佐渡の魚」でおもてなし

観光客の方々が持つ「佐渡の食」への期待に応えるため、漁業関係者や観光関係者、流通業者等と一体となって、イカやワカメの加工品の魅力アップ策を検討しました。また、「冬の佐渡!おすすめお魚カタログ」と題したパンフレットを作成しました。今後さらに買っていただける水産加工品づくり、流通の仕組みづくり等の取組を進めていきたいと考えています。

【問い合わせ】佐渡地域振興局農林水産振興部(水産)
TEL:0259-27-2860

これまで馴染みのなかった層に佐渡の釣りの魅力を伝えたい!

ビギナー向け釣り体験教室を企画
釣り具店 三井宏志さんに話を伺いました!

三井宏志さん(沢根五十里)

佐渡は一年中、風向きを問わず、島のどこかで釣りができます。島内各地に無数に岩場があり、磯釣りで80cm超えのマダイが釣れ、ルアーでは20kg超えのヒラマサが釣れる、全国でも稀有な釣り場として、リピーターが多いのが特徴です。海が荒れたら近くの川でイワナやアユ釣りを楽しむことができる、まさに釣り天国の島なのです。
 これまで馴染みのなかったファミリー層などをターゲットに釣りで人を呼び込む取り組みは期待が持てます。6~7月は真野湾のカキ棚の下にはカキの稚貝を食べようと寄ってくるクロダイがお子さんでも簡単に釣れます。夕日を見ながら晩のおかずを釣るのはいかかでしょう。お父さんの株があがるでしょう。

真野湾のカキ棚でのクロダイ釣り

■釣りファンを佐渡に

佐渡の自然の魅力を活かした「釣り」を、観光コンテンツとしてブラッシュアップするため、釣り場や季節ごとに釣れる魚を写真付きで紹介した「佐渡フィッシングガイド」を作成しました。主に初心者・女性・ファミリー層を対象とした釣りツアーなどの開催により、新たな釣りファンの開拓に努めています。

佐渡フィッシングガイド(2017年度発刊)

【問い合わせ】佐渡地域振興局企画振興部
TEL:0259-74-3133

<<地域振興局 佐渡地域版トップへ

▲ページTOPへ