地域振興局からのお知らせ
佐渡地域版

佐渡の暮らしと観光、産業を支える道路の整備

自動車はもとより歩行者、自転車も含めた利用するみなさんが安全で安心に通行できるよう、新潟県では国道350号や主要地方道佐渡一周線など県管理道路の整備を行っています。
一例として、佐渡一周線は、海岸線に点在する集落を結ぶ重要な生活道路であるとともに、美しい自然が広がる風光明媚な海岸道路ですが、急峻な地形のため道幅が狭い箇所も多く、大型車の通行を規制している区間や、落石等の危険性が高い箇所もあり、通行止めの際には大きな迂回が必要となっています。このため、トンネルなどのバイパス道路や拡幅の工事を行っています。

松ヶ鼻トンネルの開通 [令和元年12月26日]

佐渡市多田(おおた)から莚場(むしろば)の2.8km区間は、道路が狭いため観光バスなど大型車両のすれ違いが難しく、また落石危険箇所もあるなど、安全・安心な通行確保が大きな課題となっていました。
新潟県では、片側1車線の道路として平成13年からトンネル整備と道路拡幅を進め、昨年12月までに多田トンネル(1,511m)と松ヶ鼻トンネル(503m)を含む全区間を開通しました。
また、落石の危険もなく安全に通行できるようになりました。
(島内のトンネル延長第1位は南片辺トンネル(1,911m)で、多田トンネルは第3位、松ヶ鼻トンネルは第7位です。)

松ヶ鼻トンネルへの期待をお聞きしました

トンネルが開通し、車同士のすれ違いに苦労していた狭い箇所や、見通しが悪くゆっくりと通行していた箇所も安心して通行でき、毎日の通勤・通学や国仲の商業地域への移動が楽になりました。
また、大型バスがスムーズに通れるようになり、佐渡観光の活性化につながるものと期待しています。

莚場地区自治会長 本間富博さん

トンネル開通前の状況

広くなった道路

松ヶ鼻トンネル正面(莚場側)

原黒バイパスの開通 [令和元年11月14日]

佐渡市原黒(はらくろ)から住吉(すみよし)の1.4km区間は人家が建ち並ぶ市街地にあり、小中学校の通学路として利用されていますが、道路が狭く大型車のすれ違いが困難など、歩行者の安全な通行確保に課題がありました。
新潟県では、平成21年からバイパス道路による道路改築事業に着手しました。
また、原黒地区では海岸浸食が進み、人家などへの越波被害を防ぐため、海岸浸食対策事業と併せて整備を進め、昨年11月に開通しました。
開通により市街地内の交通がバイパス道路へ転換し、交通の円滑化、歩行者の安全性が向上しました。

原黒バイパスへの期待をお聞きしました

原黒バイパス整備は長年の念願で、地域住民の大きな喜びです。家の前の自動車が減り、子どもたちも安全に通学でき、大変感謝しています。これまでのような交通事故がなくなることを期待しています。
新たな緩い傾斜の護岸は、以前の直立護岸と比べて波当たりの振動や音がとても小さくなり驚いています。波が高い冬期間も安心して過ごせます。

両津東部海岸保全期成同盟委員 石川博康さん

開通前の市街地の状況

開通前の冬期風浪の状況

開通後の状況

【問い合わせ】佐渡地域振興局地域整備部
TEL:0259-74-3545

佐渡一周線まめ知識

佐渡一周線の延長は約167kmあり全国の都道府県道で第1位!ご存じでしたか?(第2位は鹿児島県の名瀬瀬戸内線約101km)

大佐渡スカイライン春先除雪見学会の参加者募集

大佐渡スカイラインの開通にむけて、作業している春先除雪の見学会を行います。2mを超える雪壁のなか除雪車が進行していくのは圧巻です。
ぜひご参加ください。

●日時

日にち:4月4日(土)
集合時間:13:00 解散時間:16:00(予定)
※大雨や雪が予報される場合は見学会当日の10時までに中止をお知らせします。

●集合場所

佐渡地域振興局4階大会議室
※車でお越しの方は外来駐車場をご利用ください。

●対象者及び定員

高校生以下(保護者同伴が必要) 10組
募集人数を超えた場合は抽選となります。抽選結果は3月23日(月)までに電子メールにてお知らせします。

●申し込み方法

キーワード「佐渡 春先除雪見学会」と検索して、県ホームページから申し込みを行ってください。
募集締切は3月10日(火)までです。

【問い合わせ】佐渡地域振興局地域整備部維持管理課
TEL:0259-74-3391

<<地域振興局 佐渡地域版トップへ

▲ページTOPへ