地域振興局からのお知らせ
上越地域版

七五三(しちごさん)の湯で湯めぐりしませんか

七五三の湯とは?

七五三の湯は妙高高原温泉郷の呼び名であり、7つの温泉地が集まった温泉郷です。いずれも妙高山麗から湧出される温泉ですが、5つの泉質、3つの湯色という様々な特徴があります。これらの特徴より、七五三の湯と呼ばれています。
妙高高原温泉郷は車で5分~10分ほどの狭い地域に様々な泉質の温泉が点在している、全国でも珍しい温泉郷です。この温泉郷だからこそできる楽しみ方「湯めぐり」について、「七五三の湯」の名付け親である温泉ソムリエ家元 遠間和広さんから紹介していただきます。

温泉ソムリエ 家元
遠間 和広(とおま かずひろ)さん

7つの温泉地

5つの泉質

「単純温泉」「塩化物泉」「炭酸水素塩泉」「硫酸塩泉」「硫黄泉」

3つの湯色

透明以外に、「白(乳白色)」「赤(茶褐色)」「黒」

杉野沢温泉-透明

池の平温泉-黒

燕温泉-白

関温泉-赤

赤倉温泉-透明

新赤倉温泉-透明

妙高温泉-透明

「湯めぐり」を楽しもう!

七五三の湯の多種多様な温泉を組み合わせて順番に巡ること、つまり「湯めぐり」をすることで1つの温泉地だけでは得られない様々な効果を得ることができます。これは、七五三の湯だからこそできる魅力的な楽しみ方です。
例えば、美肌づくりだと、美肌の湯の後に仕上げで塩化物泉という流れが重要です。

まずは妙高温泉や池の平温泉、赤倉温泉、新赤倉温泉の単純温泉や炭酸水素塩泉という「クレンジング系」の泉質で、肌の角質を取り除きます。その後、燕温泉や関温泉の塩化物泉で仕上げをすることで、塩の成分が皮膚の表面を覆うパックのような働きをし、肌からの水分発散を抑制します。よって、この順に湯めぐりを行うと効果的です。  このほか、以下の湯めぐりもおすすめです。

美しい景色でリフレッシュしよう!

妙高高原温泉郷は湯めぐりと共に、妙高山を見上げる景色や高台からの見下ろす景色、大田切渓谷の間近に迫る渓谷美の景色などが楽しめます。
いずれも新緑、紅葉、雪景色等、移りゆく四季折々の表情を見ることができます。

いもり池越しに妙高山を見上げる景色(夏)

読者へのメッセージ

温泉習慣(週間)を身につけてみてはいかがでしょうか。温泉そのものの真価を発揮するには3週間ほどの湯治をする「週間」が必要です。しかし、それができない方には週に1回入浴する「習慣」を身につけていただければ、同じような効果が得られます。週に1回七五三の湯にいらして、癒されてみてはいかがでしょうか。

温泉ソムリエが教える【入浴五か条】

  1. 入浴前後に1杯ずつの水を飲むべし!(入浴前後に水分補給すべし)
  2. 入浴前には、足先など心臓の遠くから順に十分な「かけ湯」をすべし!
  3. のぼせ防止に頭には水で濡らしたタオルをのせるべし!
  4. 一気に長湯せず、「分割浴」をすべし!
  5. 疲労回復には、膝下の「温冷交互浴」が有効なり!
【問い合わせ】妙高高原観光案内所
TEL:0255-86-3911

【関連情報】PR動画「七五三の湯めぐり『妙高高原温泉郷』」

越地域振興局では七五三の湯PR動画を公開しています。
各温泉地の特徴や入浴時のポイント等を分かりやすく紹介していますので、ぜひご覧ください。

PR動画を見る

【問い合わせ】上越地域振興局企画振興部地域振興課
TEL:025-526-9326

湯めぐりチケット[期間:4月18日(土)~12月6日(日)]

期間中、お得に利用できる3枚綴りの共通入浴券です。
「七五三の湯」の湯めぐりにぜひご利用ください。

※購入可能施設や湯めぐり加盟施設についてはHPまたはチラシをご覧ください。
※現在、杉野沢温泉はチケットを利用できる施設がございません。

(昨年チラシの一部)

詳しくはホームページをご覧ください。

【問い合わせ】妙高高原観光案内所
TEL:0255-86-3911

<<地域振興局 上越地域版トップへ

▲ページTOPへ