春号の特集
令和2年度当初予算をご紹介します

令和2年度当初予算のポイント

「住んでよし、訪れてよしの新潟県」の実現に向けた主な政策

令和2年度の収支改善額

前年度と比較して、当初予算の収支不足額は 129億円の改善

【参考】 行財政改革の目標額 (期間:令和5年度までの4年間)
収支均衡の達成には… 令和2年度135億円(年度平均160億円)
少なくとも、大規模災害対応に必要な基金残高を確保するためには… 令和2年度106億円(年度平均110億円)

【政策パッケージ 1】
一段加速した防災・減災対策の推進

県政の一丁目一番地である県民の安全・安心を最優先で確保します。

■主な取組

  • 防災シニアリーダーの育成など確実な避難につなげるソフト対策の強化
  • 有利な財源を最大限活用したハード対策の強化
    など

【政策パッケージ 2】
安全で安心なまちづくり

■主な取組

  • 児童虐待相談対応件数の増加を踏まえた受入体制の強化
  • 野生鳥獣被害への対策を一体的に推進する体制の整備と狩猟者の育成
    など

【政策パッケージ 3】
原子力防災対策の推進

■主な取組

  • 3つの検証の着実な実施、原子力防災訓練の複数回実施による広域避難計画の実効性の更なる向上
    など

【政策パッケージ 4】
地域医療の確保と「健康立県」の実現

■主な取組

  • 医師・看護職員の確保など、地域で安心して医療が受けられる体制の整備
  • 健康づくりの実践、臨床・介護現場データのネットワーク構築
    など

【政策パッケージ 5】
多様な地域資源を活かした交流人口の拡大

■主な取組

  • スノーリゾート新潟のPR強化など、インバウンドをはじめとする誘客の積極的な展開
  • 東京オリンピック・パラリンピックの開催や佐渡金銀山の世界遺産登録国内推薦への期待の高まりなどを好機とした、本県の魅力・存在感の発信
    など

【政策パッケージ 6】
更なる拠点性向上に向けた交通ネットワークの整備

■主な取組

  • 新たに開設される国際線の定着や増便に向けた就航支援
  • 万代島の賑わい創出に向けた低速電動バスの運行実証
    など

【政策パッケージ 7】
起業・創業の推進

「活力ある新潟の実現」に向け、挑戦する人や企業が次々と生まれ、集まる環境づくりに、一段と力を注ぎます。

■主な取組

  • スタートアップ拠点の県内各地への展開と、中核となる拠点の機能強化・環境整備
    など

【政策パッケージ 8】
多様な雇用の場の確保と働きやすい環境づくり

■主な取組

  • IT系企業の集積に向けた拠点整備や立地への支援
  • IT人材の育成・確保のための研修や人材マッチング
    など

【政策パッケージ 9】
意欲ある企業等への支援による県内産業の活性化

■主な取組

  • 産学官が連携した防災産業クラスターの形成や地域経済を牽引する中核企業の成長促進、5Gの活用促進など、成長産業の創出・育成
  • 小型燃料電池バスの開発など、再生可能・次世代エネルギーの活用促進
    など

【政策パッケージ 10】
付加価値の高い持続可能な農林水産業の実現

■主な取組

  • ほ場整備地区等での大規模園芸産地の育成、販売額1億円を目指す産地自らによる課題解決に向けた取組への支援
  • 生産性向上につながるスマート農林水産業の導入促進
    など

【政策パッケージ 11】
住み続けることができる中山間地づくり

■主な取組

  • 地域の新たな担い手としての「関係人口」の創出・拡大
  • 自動運転などを活用した過疎地域での生活交通の確保
    など

【政策パッケージ 12】
将来の夢や希望を育みかなえる教育の推進

■主な取組

  • 小学校3・4学年における少人数学級(35人以下)の完全実施など、一人一人の個性や能力を伸ばす教育の推進
  • ICT機器を学習に活用する環境の整備
    など

令和2年度予算における人口減少問題対策

 県政のあらゆる分野での政策を総動員しながら、令和2年度は、「若者(特に女性)の県内定着、U・Iターン促進」を重点テーマとして取り組んでいきます。

■県内産業活性化による雇用促進

⇒ IT産業活性化により若者に選ばれる魅力ある働く場を確保

■U・Iターン関心者層の掘り起こし

⇒ 若者や女性視点で新潟の魅力を掘り起こして情報発信

重要テーマ⇒ 若者(特に女性)の県内定着、U・Iターン促進

●令和2年度予算について詳しくはホームページをご覧ください。

●新潟県行財政改革行動計画について詳しくはホームページをご覧ください。

【お問い合わせ】
●財政課
TEL:025-280-5037
FAX:025-280-5077

<<春号の特集トップへ

▲ページTOPへ