地域振興局からのお知らせ
三条地域版

私たちの暮らしを支える「正確計量(せいかくけいりょう)」

「計量」とは、物の量をはかることです。物の量をはかるときには、その正確性が重要になってきます。
正確な計量は、取引や証明、健康管理、快適な環境の維持などに大切な役割を果たしています。正確にはかることや使用する単位などは「計量法」という法律に定められ、私たちの暮らしを支えています。
もしも、はかりやメーターが正しい値を示してなかったり、正しく使用されていなかったら、私たちの生活はどうなってしまうでしょうか。
新潟県計量検定所では、県民の皆さんが安心して暮らせるよう、計量法の趣旨や目的に従って様々な業務に取り組んでいます。

計量検定所の主な仕事

検定・検査

タクシーメーター・はかり・水道メーター・燃料油メーターなど、取引や証明に使用する特定計量器の構造や精度が、一定の水準以上であるかどうか検査し、合格した特定計量器には「検定証印」を付します。

タクシーメーターの装置検査

はかりの検定

立入検査

スーパーや商店などの商品の内容量が正しくはかられているか、特定計量器を取り扱う事業者が有効期間を守って適切に管理、使用しているか、などについて立入検査を行い、不正計量の一掃に努めています。

スーパーの商品量目検査

定期検査

商店・工場・学校・病院等で取引などに使用しているはかりは2年に1回検査を行い、合格したはかりには「定期検査済シール」を貼付します。この業務は(一社)新潟県計量協会に委託しています。

基準器検査

基準器とは、特定計量器の検定や定期検査などに用いるもので、はかりを検査する基準分銅や、燃料油メーターを検査する基準タンクなどがあります。

基準分銅の基準器検査

検定・検査に合格した計量器に付されている証印・シール(例)

私たちの暮らしや社会の基盤である「計量」が、正確に行われるように日本の計量制度は長い年月をかけて整備されてきました。

「計量」についてもっと知りたい方は、新潟県計量検定所のホームページをご覧ください。

<<地域振興局 三条地域版トップへ

▲ページTOPへ