地域振興局からのお知らせ
魚沼地域版

魅力いっぱい!魚沼から行く尾瀬ルート

尾瀬は新潟・福島・群馬の3県にまたがる本州最大の高層湿原です。
魚沼市から尾瀬国立公園へ行く「魚沼から行く尾瀬ルート」(以下「魚沼・尾瀬ルート」と表記)この夏の思い出に、魚沼・尾瀬ルートの旅を加えてみてはいかがでしょうか(日帰りも可能です)。

奥只見湖遊覧船

夏の尾瀬、ニッコウキスゲ

「魚沼・尾瀬ルート」日帰り行程(例)

※各種交通機関の運行日にご注意ください。[遊覧船・バスの予約に関する問い合わせ先:(一社)魚沼市観光協会 TEL:025-792-7300

【ルートの魅力1】変化に富んだ美しい景色の数々

奥只見湖遊覧船からは、山と湖がつくりだす絶景をゆったりと眺めることができます。特に、荒沢岳や燧ヶ岳の雄姿は必見です。
下船後に会津バスで通過する「ブナ平」では、初夏の新緑や秋の紅葉が訪れた人々を魅了します。

荒沢岳(あらさわだけ)

ブナ平

【ルートの魅力2】高低差が少なく、初心者でも尾瀬を楽しめる

沼山峠(ぬまやまとうげ)休憩所から歩き出し、あっという間に峠(標高1,784m)に到着、その後は大江湿原や尾瀬沼に向けて緩やかに下っていきます。登山道には木道が整備されているので、尾瀬初心者の方も安心してハイキングできます。
※尾瀬は2,000m級の山々に囲まれた山岳地帯です。訪れる際は十分な装備と余裕を持った計画を心がけましょう!

沼山峠の登山道

【ルートの魅力3】沿線地域の温かいおもてなし ~尾瀬ルート活性化委員会の活動~

尾瀬ルート活性化委員会は、平成18年10月に湯之谷地区の観光事業関係者を中心に結成。以来魚沼・尾瀬ルートの開通式開催や、景観整備活動、芥川賞作家の開高健が好んだ「開高めし」の普及、地区の歴史探究などを通じて、ルートのPRと沿線地域の振興に取り組んでいます。会長の星雅彦さんに、お話を伺いました。

星 雅彦(ほし まさひこ)会長

結成から10年以上経った現在も、新しい事業に積極的に挑戦しています。昨年9月には県魚沼地域振興局協力の下、初めて「奥只見シルバーライン補修工事見学会」を開催しました。沿線地域の魅力やイベント予定は活性化委員会のホームページ及びFacebookで年間を通して発信していますので、是非ご覧ください。

ルート開通式

小沢平(こぞうだいら)登山道の整備

シルバーライン補修工事見学会

魚沼・尾瀬ルートの最新情報はこちら
市観光協会ホームページ

尾瀬ルート活性化委員会の詳細はこちら
ホームページ
Facebook

【問い合わせ】魚沼地域振興局企画振興部 地域振興課
TEL:025-792-1303

<<地域振興局 魚沼地域版トップへ

▲ページTOPへ