地域振興局からのお知らせ
柏崎地域版

柏崎刈羽地域の農業の発展を支える
3つの農業用ダムを紹介します!

刈羽平野は背後の山が低く、河川の水量も少ないことから、用水不足や干ばつに長年悩まされてきました。
このため、平成9年度から農林水産省により3つの農業用ダムの建設が進められ、令和元年、最後となる市野新田ダムが完成しました。
県では関連する用水路等を引き続き整備し、農業用水の安定供給に努めます。

教えて! 「農業用ダム」って何?

柏崎市内にある鯖石川ダムや建設中の鵜川ダムなどの洪水調整を目的とした治水ダムと違い、「農業用ダム」は安定した農業用水の水源確保を目的としています。

もっと知りたい! 柏崎刈羽地域の3つの農業用ダムを眺めてみよう!

後谷(うしろだに)ダム (柏崎市西山町)平成20年完成

高さ 有効貯水量 かんがい面積
27.0m 288.0m 110万m3 880ha(別山川流域)

栃ヶ原ダム(とちがはら)ダム (柏崎市高柳町)平成21年完成

高さ 有効貯水量 かんがい面積
52.7m 152.5m 230万m3 1,740ha(鯖石川流域)

令和元年に完成しました!
市野新田ダム(いちのしんでん)ダム (柏崎市)

高さ 有効貯水量 かんがい面積
26.7m 119.0m 160万m3 970ha(鵜川流域)

【表中の用語説明】

もう水不足は大丈夫? 春先の用水利用もご心配なく!

●農業用ダムができたので…

冬期間にダムに水を貯めておくことで、降雪や降雨が少ない年でも水の量を調節して、用水を行き渡らせることができます。
多くの水を必要とする春先の田植えの時期でも、安心して田んぼに水を引くことができます。

【問い合わせ】柏崎地域振興局農業振興部農村計画課
TEL:0257-21-6272
FAX:0257-22-0936

<<地域振興局 柏崎地域版トップへ

▲ページTOPへ