地域振興局からのお知らせ
佐渡地域版

旨さ抜群! 海の味覚を食べてくれっちゃ!

冬の日本海の荒波は、佐渡島に多くの恵みをもたらします。漁業に携わる方々に、佐渡の水産物の魅力を伺いました。

寒ブリ

脂が乗ったお刺身が絶品です。また、ブリ大根や照り焼きもおすすめです。

内海府漁業生産組合組合長 本田 裕敏(ひろとし)さん

佐渡寒ブリの旬は、11月下旬から12月いっぱい。濃厚で甘みのある脂に驚かされます。島民はもちろん県内外の多くの人に食べていただきたいと思っています。
美味しさが長持ちするブリの出荷方法にも取り組んでいますので、スーパー等でご購入できます。

本ズワイガニ

佐渡は、本ズワイガニの漁場が近く、鮮度の高いカニが水揚げされます。

カニの天ぷらも絶品!

上品な甘みのある身と濃厚なカニ味噌が魅力!

水津漁業協同組合 佐藤 伸幸(のぶゆき)さん

佐渡の本ズワイガニのベストシーズンは、11月から2月です。殻が固く、ずっしりとした重みがあるカニがおすすめです。
獲れたて、ゆでたてのカニが美味しいですが、ゆでたてのカニ味噌にカニの身とご飯を混ぜていただくのも絶品です。

南蛮(なんばん)エビ

正式名称はホッコクアカエビといい、甘エビとも呼ばれています。

ナガモ(アカモク)と南蛮エビを盛り合わせたエビナガモ丼でも美味しくいただけます。

佐渡漁業協同組合赤泊支所 えびかご漁船 麻丸(あさまる)の皆さん

佐渡では、エビの体を傷つけないかご漁で漁獲しています。漁場が近く、鮮度の良いエビは、殻が透明で赤い色が宝石のようにキラキラと輝いています。
大きなエビはお刺身で、小さなものはお味噌汁や唐揚げでいただくのがオススメです。

マガキ

カキ鍋をはじめ、カキご飯にカキフライなど、たくさんの楽しみ方があります。スーパーや加茂湖漁協などで購入できます。

加茂湖漁業協同組合組合長 伊藤 隆一(りゅういち)さん

佐渡は、新潟県唯一の養殖カキの生産地です。雪が降り始める12月頃から身入りが良くなり、4月頃まで美味しくいただけます。
加茂湖のカキは1年半で出荷する若ガキであることが特徴で、マイルドな味と身入りの大きさが魅力です。
私は焼ガキが好きですが、カキフライなどお好みの料理で楽しんで欲しいです。

【問い合わせ】新潟県佐渡地域振興局農林水産振興部(水産)
TEL:0259-27-2860
【問い合わせ】佐渡漁協直売所
TEL:0259-27-3265
【問い合わせ】加茂湖漁協
TEL:0259-27-5167

<<地域振興局 佐渡地域版トップへ

▲ページTOPへ