冬号の特集

防災・減災対策をみんなで

県の対策 県民の命と暮らしを守るため、取り組んでいます

激甚化・頻発化する自然災害

近年、災害が激甚化・頻発化しています。平成30年には、7月の西日本豪雨、台風第21号、北海道胆振東部地震などによって、多くの尊い人命が失われ、道路や鉄道、空港などの重要インフラの機能に支障をきたすなど、経済や人々の生活に多大な影響が発生しました。
新潟県においても平成16年に中越大震災、平成19年に中越沖地震、平成23年に新潟・福島豪雨など多くの災害が発生しています。

早期に災害発生リスクを抑えることを目指して

国は、重要インフラが災害時にもしっかりと機能を発揮できるよう『防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策』として、平成30年度から令和2年度までの3年間で集中的に取り組んでいます。
県においても、早期に災害発生リスクを抑え、県民の命と暮らしを守るため、特に緊急に実施すべき対策を選定し、3か年緊急対策に集中的に取り組んでいます。
この3か年緊急対策は国からの財政支援を受けることができる大変有利な制度となっており、県財政が厳しい中ですが、この有利な制度を活用し、急ぐべき対策を進めています。

皆さんも 災害から命を守るために、やってみよう!

新型コロナウイルス感染症流行下でも、災害の危険が迫ったら
「迷わず避難」~避難所への避難だけが避難じゃない!~

感染症まん延中の避難の4つのポイント

  • 密集を避けるため、知人、親戚宅や在宅避難を検討
  • 手洗い、換気等感染予防の徹底
  • 非常食だけでなく体温計、マスク等を持って避難
  • 体調が悪い場合はすぐに申告を

命を守るため避難発令時は必ず避難行動を取ってください。

スマートフォン用アプリ
新潟県防災ナビ

新潟県内の防災情報がプッシュ通知で届きます

防災情報
避難所・避難場所検索
災害リスク情報
安否登録

ダウンロードはこちら

 

【問い合わせ】危機対策課
TEL:025-282-1638

新潟県河川防災情報システム

雨量・水位情報 河川カメラ画像 など
パソコン版はこちら
スマートフォン版はこちら

 

【問い合わせ】河川管理課
TEL:025-280-5414

▲ページTOPへ