秋号の特集

あなたの街の美術館・博物館 見どころは?

北方文化博物館

新潟市江南区沢海

茶の間の扁額(へんがく)「樂事以不盡為有趣(らくじは つくさざるをもって おもむきありとなす)」
(日下部鳴鶴(くさかべめいかく)/明治16年)

越後の千町歩地主(せんちょうぶじぬし)伊藤家の遺構を保存・活用するため博物館として公開しています。明治15年から8年をかけて建てられた主屋・大広間をはじめとする建物群と、昭和30年代に改修し茶室を備えた池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)庭園、伊藤家ゆかりの品々のほか博物館資料として購入された美術品等の展示を通し、伊藤家の歴史と暮らしを紹介します。
学芸員 田中茉莉恵さん

星と森の詩(うた)美術館

十日町市稲葉

藤巻秀正 「青雲」 1991 ブロンズ

ブナ林に囲まれた小さな美術館です。駐車場から続く野外彫刻プロムナードでは、四季折々に移りかわる自然のなかで十日町出身の彫刻家・藤巻秀正(ふじまきひでまさ)作品のさまざまな表情が楽しめます。館内では版画、彫刻、刀剣など年4回の企画展を開催いたします(12月~3月は冬期休館)。
現在は《追悼 式場庶謳子(しきばしょおうこ)木版画展-いのちのうた-》を開催中(11月29日(月)まで)。
スタッフ 永井直美さん

雪梁舎(せつりょうしゃ)美術館

新潟市西区山田

マイセン《色絵貼花宮殿図蓋付(いろえちょうかきゅうでんずふたつき)ポプリ壺(つぼ)》

(株)コメリの創業者である捧賢一(ささげけんいち)が設立し、1994年に開館しました。純日本建築の館内には、美術館としては珍しい86畳敷きの畳の展示室があります。また、常設展示室として「マイセンの部屋」や「シャガールの部屋」があり、年間を通して様々な企画展を開催しております。館を取り巻く日本庭園、夏に大輪の花を咲かせる蓮池もおすすめです。
学芸員 加藤千恵子さん

佐渡版画村美術館

佐渡市相川米屋町

大版画「島人の歓び(島祭り)」
【木版6.67×3.52メートル 2011年】

佐渡出身の版画家・高橋信一(たかはししんいち)が指導した版画運動の成果を集めた設立37年の版画専門美術館です。高橋作品のほか、佐渡の文化・風土・生活の中に題材を求めた会員作品260点余り、市民参加による作品大版画「島人(しまびと)の歓(よろこ)び」、はんが甲子園作品の展示が見どころです。建物は佐渡市文化財となっており、明治以降の面影が色濃く残っています。
スタッフ 加藤恭子さん

県内の美術館・博物館等54施設をお得に楽しめるパスポートを販売しています。期間中、対象施設の受付でパスポートを提示すると、無料または割引料金でご入場いただけます。

■実施期間 令和4年2月28日まで
■販売価格 大人1,000円、子ども(中学生以下)500円
■販売場所 NIC新潟日報販売店 通販サイト「ガタ市」など
■お問合せ にいがたぐるっとミュージアム!事務局 TEL025-385-7474

美術館や博物館等をもっと知るには

「にいがたぐるっとミュージアム!」特設サイト
パスポートの詳細のほか、同時開催中のスタンプラリー企画や、県内の美術館・博物館等について幅広く紹介しています!

#新潟のコメジルシフォトコンテスト

新潟の魅力を多くの方に知ってもらいたいと発信している県民の方々がたくさんいます!

受賞作品のギャラリーはこちらから

第6回最優秀賞「日常の中にある特別な瞬間」

撮影場所:佐渡市 岩首昇竜棚田

撮影者:@piku__itさんのコメント
棚田と日本海、そしてゆっくりと昇ってくる朝陽がとても綺麗で、1日の始まりから元気がもらえる1枚になりました。

<<秋号の特集トップへ

▲ページTOPへ