知事メッセージ

新型コロナウイルスを乗り越え、そして、その先へ

新潟県知事 花角英世

 始めに、新型コロナウイルスに感染された皆様に心からお見舞い申し上げます。また、感染リスクと向き合いながら最前線で社会生活を支えていただいている皆様、長期に渡る感染予防対策にご協力いただいている県民の皆様、事業者の皆様に心から感謝申し上げます。
 県では、新型コロナウイルスの発症と重症化を防ぎ感染拡大を抑えるため、ワクチン接種を進めています。多くの方からワクチン接種を受けていただくことにより感染が収束し以前のような生活が戻ることが期待されています。引き続き市町村や医療関係者等と協力しながら、ワクチン接種が円滑に行われるよう対応してまいりますので皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 さて、新型コロナウイルスの感染拡大によって私たちの暮らしは一変し、社会経済活動も大きく影響を受けました。
 一方、感染症への対応を通じて社会全体のデジタル化の必要性が強く認識されるとともに、テレワークなどの普及に伴い、人や企業の地方分散の流れが生じつつあるなど、人々の意識や行動に大きな変化が生まれています。
 このため県では、感染拡大により生活等に大きな影響を受けている方々への支援や社会経済活動の維持、さらなる感染拡大に備えた対策に全力で取り組むとともに、ウィズコロナ・ポストコロナ社会を見据えた本県の中長期的な発展に向けた取組もしっかり行い、「住んでよし、訪れてよしの新潟県」の実現に向けて、全力で取り組んでまいります。

▲ページTOPへ