冬号の特集

私たちの暮らしはDXやデジタル改革でどう変わる?

「DX」や「デジタル改革」といった言葉を見たり聞いたりすることはありませんか?
新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、デジタル技術を活用していくことの必要性が強く認識されるようになりました。
県では、県民の皆さんが住み慣れた地域で豊かな生活が続けられる社会の実現に向け、様々な取り組みを行っています。
遠くない将来、デジタル技術の活用によって私たちの暮らしがどのように変わっているか、イメージしてみませんか?

DX(デジタル・トランスフォーメーション)ってなに?

DXとは、進化したデジタル技術を社会に広げて、私たちの生活をより良いものに変革することを意味しています。スウェーデンにあるウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が2004年に提唱した考え方で、日本では、2018年に経済産業省が「DXレポート」を公表したことで広く知られるようになりました。
現在、新型コロナウイルス感染症への対応等を通じて、産業や行政など様々な分野でのデジタル化の必要性が強く認識されています。
県では、知事を本部長とするデジタル改革実行本部を設置し、変革を通じた本県経済の持続的な発展と県民の皆さんの幸福な生活の実現に向けデジタル改革を進めています。

▲ページTOPへ