冬号の特集

【防災】くらしを守り、いざという時の備えに

IoT(モノのインターネット)による冬期道路管理

雪道を安全な状態に保つためには、適切な道路管理が不可欠です。しかしその現場では、高齢化・人手不足が課題となっています。
効率的な冬期の道路管理のため、IoTを活用した消雪パイプの遠隔監視・制御や、凍結防止剤の散布を自動制御しようという民間の取り組みを支援しています。

災害物資デジタルプラットフォーム「スマートサプライEC」

過去の全国の災害知見をデータベース化し、避難所の人数等の情報から適切な商品の種類や数量を判断し、迅速に届ける、災害物資調達システム「スマートサプライEC」の開発を支援しました。経験やカンに頼らず、いざという時に必要な物資を必要としている地域へ届けるための新たな取り組みが始められています。

▲ページTOPへ