知事メッセージ

「選ばれる新潟」の実現に向けて

新潟県知事 花角英世

 令和4年の年頭に当たり、謹んで新春のごあいさつを申し上げます。
 始めに、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止への事業者、県民の皆様のご協力と医療関係者のご尽力に心から感謝申し上げます。
 本年は、引き続き感染防止対策と社会経済活動の維持・回復に取り組むとともに、ポストコロナ社会を見据え将来の本県の成長・発展に向けた中長期的な取組を進めていかなければなりません。
 まず、感染拡大を契機とした人や企業の地方分散の流れを踏まえ、働く場、起業・創業の場、そして人々が訪れる場として新潟を「選ばれる地」にしていくことが重要であると考えております。そのため、これまでにも増して官民、関係者が連携して職場でのワーク・ライフ・バランスの実現、女性活躍の推進、多様な働き方の導入など、県内企業や地域の魅力を高め、これらを若者等に効果的に訴求するなどの取組を推進していく必要があります。
 また、県として2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを目指している「脱炭素社会への転換」については、年度内にオール新潟で取り組むカーボンゼロ実現戦略を策定し、産業、生活、運輸など部門毎に具体的な目標や政策スケジュールを定め、着実に実施してまいります。併せてこうした取組の推進組織・司令塔として県庁に「環境局」を設置します。
 さらに、デジタル技術等の活用により、本県の行政、産業、暮らしを変革し、利便性の高い、そして安全・安心な「デジタル社会の実現」を目指します。具体的には、ロボットやAI技術などを活用したスマート農業や、オンライン授業などによる教育環境の整備に取り組むなど、様々な社会課題の解決につながるデジタル化を推し進めてまいります。
 今後も「県民最優先」の基本姿勢の下、「住んでよし、訪れてよしの新潟県」の実現に向けて、全力で取り組んでまいります。
 皆様の益々のご発展とご健勝をお祈り申し上げ、新年のごあいさつといたします。

▲ページTOPへ