地域振興局からのお知らせ
新発田地域版

みんなで守ろう新発田地域の救急医療

救急車や救急医療は限りある資源です。
いつまでも安心して救急医療を利用できるように、みんなで大切に利用しましょう。

救急車の適正利用をお願いします。

休日・夜間搬送人員全体のうち、軽症者の割合が50%を超えています。重症者の利用を優先させるためにも、軽症者の方は救急車をタクシー代わりに使わないでください。
重症者への対応が遅れることが懸念されます。

夜間に救急車を呼ぶ? 病院に行く? 迷った時は救急医療電話相談を利用しましょう。

できるだけ専門医や医療スタッフのいる昼間の診療時間内に受診しましょう。

「コンビニ受診」をやめましょう。

「夜間の方が空いているから」「昼間は仕事があるから」などの理由で軽症者が夜間や休日に病院の救急外来を受診するいわゆる「コンビニ受診」が全国で増えています。
コンビニ受診が行われると、救急外来が混み合い、命にかかわるような重症者に対して、対応が遅れてしまうことが懸念されます。また、病院の医師やスタッフが疲弊し、身近な地域の救急医療体制が維持できなくなる恐れがあります。
救命救急センターは24時間診療している一般の医療機関ではありません。
生命にかかわるような重症者を診療するために設置されています。
新潟県立新発田病院救命救急センターで、助かるべき重症者の命が助かり、救急救命センターが救急医療の最後の砦として機能するために、コンビニ感覚で受診しないでください。重症者の診療の機会を奪わないようにしましょう。

●コンビニ受診
外来受診を行っていない夜間や休日に緊急性のない軽症者が自己都合で病院の救急外来を受診すること。

休日や夜間は、「新発田地区救急診療所」「中条地区休日診療所」「在宅当番医」を利用しましょう。

休日・夜間の診療では、応急処置を行います。
医療スタッフが揃っている診療時間では、専門医に受診ができて、必要な検査や投薬ができます。

【問合わせ】新発田地域振興局健康福祉環境部 医薬予防課
TEL:0254-26-9651
FAX:0254-26-6800

<<地域振興局 新発田地域版トップへ

▲ページTOPへ