地域振興局からのお知らせ
魚沼地域版

平成29年7月豪雨での河川災害復旧状況を報告します

魚沼地域では、平成29年7月の梅雨前線豪雨により、多くの災害が発生しました。
今回は、被害のあった主な河川での現在の復旧状況について報告します。
一日も早く地域の安全・安心を確保すべく工事を進めていきますので、引き続き、皆様のご理解とご協力をお願いします。

位置図

増沢川と三用川では堤防復旧工事が完了しました

一級河川増沢川と一級河川三用川では、越水により河川堤防の一部が破壊され、背後の土地に浸水被害が発生しました。再度同様の被害が発生しないよう、破堤範囲の堤防をコンクリートで補強する工事を実施し、両河川ともに堤防復旧工事が完了しました。

増沢川

三用川

西又川では浸水被害対策工事を進めています

一級河川西又川流域では、当時24時間雨量約230ミリ、1時間雨量最大62ミリの降雨により、護岸倒壊などの施設被害に加え、床上浸水19戸、床下浸水163戸の浸水被害が発生しました。また、国道17号やJR鉄道、県道や市道において冠水被害が発生しました。
現在、復緊事業や関連事業により、被災護岸の復旧や橋梁架替工事を行っています。

河川災害復旧等関連緊急事業(復緊事業)

上流部の流下能力の向上に対応するため、下流部で緊急かつ集中的に治水対策を実施する事業です。

河川等災害関連事業(関連事業)

再度災害を防止するため、災害復旧事業に改良工事を加え、河川改修を実施する事業です。

整備メニュー(主なもの)

堤防整備…計画流量を安全に流下させる事が可能となる堤防断面を確保するため、築堤整備を行います。
護岸整備…河岸の侵食や河床の洗掘を防ぐため、コンクリート護岸や護床を整備し、堤防を保護します。

【問い合わせ】魚沼地域振興局地域整備部
TEL:025-792-5895
FAX:025-792-7401

<<地域振興局 魚沼地域版トップへ

▲ページTOPへ