地域振興局からのお知らせ
十日町地域版

みんなで考えませんか?妻有地域の介護と福祉
~「妻有地域包括ケア研究会」が新たな一歩を踏み出しました~

介護、福祉に関わる人材不足が深刻化しており、最近では、福祉施設ができても介護職員が十分に集まらないという状況も起きています。
「これからの福祉を担う人材確保」は、福祉施設だけの問題ではなく、地域社会を維持して行く上で、社会全体の課題として考えることが必要となっています。
そこで、「妻有地域包括ケア研究会」では、今年度から介護人材の確保への取組を始めました。

妻有地域包括ケア研究会について

高齢者や障害者が、住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう、当地域の社会福祉法人や行政等が地域の現状や課題、将来像等について研究、提案を行うため、平成28年4月に設立されました。
会長には、社会福祉法人十日町福祉会の松村常務理事が就任され、手腕を振るわれています。

松村会長にお聴きしました

Q:介護、福祉現場の今の状況は?

A:介護、福祉に従事する人材不足は妻有地域でも深刻な状況にあります。特に介護職員を目指す若者が少なくなったことは残念でなりません。

Q:活動を始めましたが、手応えはいかがですか?

A:妻有地域の社会福祉法人が一体となって地域の課題に取り組み始めたことは素晴らしいことだと思っています。私たちの活動は始まったばかりです。手応えをしっかり得ることができるようにみんなで頑張ります。

Q:若者や地域の方々に伝えたいことはありますか?

A:未来の担い手大募集中です。「深化・進化」している介護、福祉の現場を見学にきてください。これからの社会は、地域の問題を「我が事」として考え「丸ごと」受け止める社会を創る必要があります。皆さんと一緒に考えましょう!

もう待ったなし! 攻めの姿勢!
~できることから取り組みはじめました~

福祉サマーワークキャンプ

若者が福祉に関心をもち、介護や福祉の世界に入ることを目指してもらうために、8月、地域の高校生を対象に介護施設での職場体験を行う事業を実施しました。

「ユニットケア」のことを学んだり、介護ロボットの体験など、介護も進化していることを感じ取っていただけたのではないでしょうか。

広報活動を積極的に取り組んでいます

「まちの産業発見塾」(10月)では十日町市内の中学生を対象に介護、福祉の仕事について体験談を交えて説明しました。大勢の中学生が関心を示してくれ、有意義な機会でした。

【問合わせ】十日町地域振興局 健康福祉部
TEL:025-757-2400

<<地域振興局 十日町地域版トップへ

▲ページTOPへ