【にいがた再発見! 其の12】魚沼市 大浦雲蝶会

江戸時代の天才彫物師・石川雲蝶と魚沼市大浦の素晴らしさを多くの人にそして後世に伝えたい。
雲蝶を守り伝えて、地域おこし。

大浦雲蝶会のみなさんと西福寺副住職・平澤龍彦さん。西福寺開山堂の天井に施された雲蝶作の大彫刻「道元禅師猛虎調伏の図(新潟県指定有形文化財)」をバックに。お話を伺った会長の関 繁信さんは写真右端。

その卓越した技と作品の多彩さから「越後の名匠」「日本のミケランジェロ」として称えられる石川雲蝶。1814年、江戸の雑司が谷(現豊島区)に生まれ、20代半ばですでに彫物師として名を馳せていました。30代前半にその腕を買われ越後に招かれた雲蝶は、三条の地で70歳の生涯を終えるまでの間、越後各地で木彫りをはじめ、石彫、絵画、漆喰細工など多くの作品を制作し、魚沼でも数々の作品を残しています。


その魚沼市大浦地区では、雲蝶生誕二百年を機に、雲蝶の作品と人となりを見直して多くの人にそして後世に伝えようと、2014年に雲蝶を愛する地元有志により大浦雲蝶会を結成。「まちの駅 雲蝶の郷 内田邸(日曜日のみ営業・冬季休業)」を拠点にさまざまな活動を行っています。

秋恒例の収穫祭

訪れた方への「昔ばなし」の様子

「大浦雲蝶会は、雲蝶作品を地域の宝として再認識するための研修やイベントなどの場を提供すること。雲蝶の郷 内田邸での山菜や地場野菜、地元の手作り品など、魚沼の幸を堪能していただき、大浦に訪れる人と住民の交流を図り、地域の活性化につなげること。この二つを目的に活動しています。会のメンバーや大浦地区住民を中心に、魚沼市内の雲蝶作品を紹介する雲蝶ガイドや雲蝶作品パネル展などによる魅力発信や、津軽三味線と昔語りとのコラボコンサートなどの大浦地区でのイベント開催、雲蝶サミットや市イベントへの参加などを行っています。


活動を通じて雲蝶を知れば知るほど、その深さや魅力を再認識ができ、改めて『地域の宝』なんだと感じています。


そして、活動拠点の内田邸を毎週日曜日にお茶のみ場として開放し、大浦に住む人と訪れる人のふれあいの場、雲蝶や地域文化の情報発信の場となっています。今後は、インターネットなどでも情報発信し、地元の若い世代や子どもたちと一緒に、雲蝶と大浦の魅力をより多くの人たちに、そして後世に伝えていけるようにしていきたいですね。」大浦雲蝶会 会長 関 繁信(せき しげのぶ)さん

大浦雲蝶会 会長 関 繁信さん

魚沼市の「石川雲蝶」作品があるスポット

永林寺

有名な「天女」の欄間をはじめ、仏典に材をとった歴史物語、雲蝶には珍しい花鳥や山水の水墨画風の彫刻などが広い本堂全体にわたって施されています。

魚沼市根小屋1765 TEL.025-794-2266 ■拝観時間:11月~3月 9時~16時・4月~10月 9時~16時30分 ■拝観料:中学生以上300円・小学生100円・団体割引等あり

西福寺

開山堂の天井に施された彫刻「道元禅師猛虎調伏の図」のほか、襖絵・漆喰細工・壁画などが配され、雲蝶の多彩な才能を堪能できます。

魚沼市大浦174 TEL.025-792-3032 ■拝観時間:9時~16時(受付終了15時40分) ■拝観料:大人500円・中学生300円・障がい者(手帳提示)300円・小学生以下無料・団体割引等あり

「石川雲蝶」作品のある 県内のスポット

南魚沼市 穴地十二大明神・龍谷寺・長恩寺(非公開)
長岡市 貴渡神社・秋葉三尺坊大権現・林興庵
湯沢町 瑞祥庵
三条市 本成寺・石動神社
加茂市 十二神社(非公開)
新潟市 佛興寺

※一般公開されていない施設も含んでいます。
※拝観料を定めていない施設もあります。
※「石川雲蝶」やその作品については、各観光協会等のガイドブックなどを参照してください。

詳しくは『石川雲蝶 ガイドブック』をご覧ください。

▲ページTOPへ