Feature
NGT48が就活の最前線をレポート!

若者の就活を応援!新潟インターンシップ2017を体験

実際の仕事を体験できるインターンシップは、就職活動のファーストステップとして有効です。どのように準備して、臨めばいいのかを、NGT48のふたりが体験しました。

新潟インターンシップ2017とは?

インターンシップ参加を核に、マナー研修からマッチング・事後研修・相談まで、新潟県が切れ間なく、手厚くサポートします。新潟県内企業への就職を希望する、県内外の大学・短大・高専・専門学校の全学科&全学年が対象。Uターン対応もばっちりです。HPでエントリーすると、仕事体験のチャンスを積極的に活用できます。魅力的な県内企業を知って、就活に役立てませんか?

マナー研修

就活の第一歩はあいさつ

インターンシップ参加前に、希望者はマナー研修プログラムに参加できます。「電話のかけ方」「感じのいい第一印象のコツ」「訪問時の服装や挨拶」「お礼状の書き方」のほか、インターンシップの意義や目標などを、専門講師が徹底指導。社会人としての心構えも生まれます。

1「口は大きく開けて、声はお腹から」の指導で、全員で発声練習。

23「 お辞儀には、15度の会釈、30度の敬礼、45度から60度の最敬礼があります」。3種類を体感し、参加者が互いに姿勢をチェック。

インターンシップ

338社から訪問先を選べる

受け入れ登録企業は338社(6月現在)。多くの企業の中から魅力的な訪問先がきっと見つかります。今回、NGT48の西村菜那子さんと村雲颯香さんが訪問した株式会社シアンスは、システム開発、Webサイト制作などを行うIT企業。2 ~3日の体験型から1カ月程度の課題解決型まで、多彩なインターンシップを実施しています。

4新潟市中央区万代にあるオフィスを訪問。「あいさつ、しっかりしようね」「習ったようにね」と、確認してから訪問。

56お客さま企業の課題に対して、ITを活用した最適な解決策を提案・開発、その後のサポートまで一貫した地域密着型の事業を行う同社。当日は、Webサイト制作の流れについてのレクチャー。若手SEが具体的に説明してくれた。

7高校生の頃、SEに憧れていた西村さんは、サイトの仕組みに興味津々。

8「若い社員の方が多いですね」と村雲さん。「毎年5名ほど新人を採用し、平均年齢は29歳です。そこで、仕事と家庭の両立ができるよう、柔軟な働き方の制度を導入しています」と野口一則社長。

サポートデスク

マッチングもおまかせ

学生のみなさんがインターンシップ先として希望する企業への連絡を行うなど、サポートデスクがマッチングをお手伝い。また、インターンシップ期間中の相談にもしっかり対応。学生の皆さんが安心して参加できるサポート体制が整っています。

インターンシップ・マナー講座に参加して

NGT48 西村 菜那子(にしむら ななこ)さん

社会のこと、お仕事のことをもっと知りたくなりました

高校生の頃に憧れていたSEのお仕事や興味のあるインターネットについて、企業の方からお話が聞けたのがうれしかったです。インターンシップを体験して、同世代の人たちが頑張っているのを見て、私も頑張らなくちゃと思いました。もちろん、今のアイドルとしての活動を、です。

NGT48 村雲 颯香(むらくも ふうか)さん

マナー研修で学んだことをステージに生かしたいです

第一印象は10秒以内で決まり、それを変えるには100時間かかるというマナー研修での言葉が印象に残りました。そして、良い第一印象のためには笑顔や声のトーンが大事だと教えていただいたのですが、それはステージにも通じることだと思いました。これからの活動に役立ていきたいです。

インターンシップ参加者の声

叶多 栞さん(大学4年生)

就活ではマナーの必要性を実感した

事前研修や準備は自信につながります。「笑顔」と「あいさつ」は就活だけでなく、仕事にも直結するので、インターンシップ前に身に付けておけると広く役立ちます。

荒木 雄大さん(大学4年生)

インターンシップで
マナー研修の成果を発揮

4回インターンシップに参加。社内だけでなく社外の人と接することがあったのですが、マナー研修を受けていたので適切に対応でき、高く評価してもらえました。

一戸 大樹さん(大学4年生)

良い第一印象は就活に効果絶大です

マナー研修は絶対に受けた方がいいですよ。インターンシップでも面接でも、しっかりと第一印象が残せると、いい結果につながりますし、何より自分が落ち着けます。

金子 倖也さん(食品製造業に就職)

インターンシップで仕事を多角的に体感

インターンシップで営業同行を経験。実際に働いている社員の姿や現場の空気に触れることは、必要なスキルの理解、就職後の目標設定につながって有意義でした。

猪俣 奈緒子さん(輸送用機械器具製造業に就職)

学びの機会としても貴重 将来に生かせます

志望する小売業界でのインターンシップで、お客様への私の姿勢について社員の方から指摘を受けました。仕事の本質を知るきっかけになり、成長につながりました。

三浦 聡美さん(メーカーに就職)

現場を経験することで
自分に合う仕事を発見

モノづくりに興味があるものの、経済学部の私にできるのか不安でした。技術系インターンシップでCAD操作や品質管理という職種を経験し、志望への不安が消えました。

もっと知りたい、探したい人は!!

新潟インターンシップ2017

新潟の企業の魅力を実際に体験できるインターンシップに参加してみませんか。詳しくは専用ウェブサイトをご覧ください。
https://ngt-internship.com/

【お問い合わせ】
大学・私学振興課
TEL:025-280-5267

シューカツアシスト にいがた

8月以降、就職先が未決定の大学4年生などを対象に、希望する職種などに応じた県内企業の求人情報を提供します。8月1日登録受付スタート!
http://www.niigata-shukatsu.jp/

【お問い合わせ】
労政雇用課
TEL:025-280-5259

就職活動等交通費補助制度

県外に在住する学生が、新潟県内で就職活動などを行う際にかかった交通費・宿泊費のうち、1/2に相当する金額を補助。上限は1万円、利用は1人につき年度内3回まで。詳しくは問い合わせを。

【お問い合わせ】
労政雇用課
TEL:025-280-5259

県民だよりスマホ版

「県民だより」でも、若者の就活応援を特集しています。合わせてご覧ください。

▲ページTOPへ